ニキビケアの基本はとにかく洗顔

ニキビで悩まれている方は多いと思います。いくらお洒落してもニキビがあってはテンションが上がりませんよね。

ニキビは「青春のシンボル」という呼び方をされていたぐらいなので10代の若い人だけが悩まされる肌トラブルだと思われていましたが ここ最近は大人になってからのニキビ(=吹き出物)に悩む人の割合が増えてます。

きっかけとなる根本的な原因は大人のニキビと10代のニキビでは異なるんですが、毛穴に皮脂が詰まり、アクネ菌が増えて炎症を起こすというメカニズムは一緒です。 そのためとにかく普段のスキンケアで毛穴詰まりを防ぐということがニキビケアでは最重要ポイントになるわけです。

ニキビケアの基本はとにかく洗顔です。毎日の洗顔で余分な皮脂と汚れを落とし、毛穴が詰まる要因を排除します。 さらに定期的な角質ケアを加えて古い角質を除去することでより毛穴詰まりを防ぐことができ、ニキビ予防になります。

洗顔にはさまざまな方法がある

洗顔というと洗顔料を使って洗うものだという認識でいる人がほとんどですし、その通りです。 しかし、本格的にニキビケアに取り組むのならいくつかある洗顔方法を肌状態にあわせて使い分けていくほうが効果的です。

まず基本となるのは泡洗顔です。これは説明する必要はないと思います。それから大人ニキビにとってはけっこうポイントになってくる「水洗顔」。 乾燥肌だという人はこの「水洗顔」で肌の調子が劇的によくなることがあります。

クレイ洗顔炭酸水洗顔というのは泡洗顔や水洗顔を一歩先にすすめた応用編のような洗顔方法です。普段の泡洗顔になんとなく不満がある人は試してみるといいと思います。

肌の悩みの中でも、とりわけニキビについては本当に嫌な思いをするものです。気にし過ぎて触りすぎたり、よくいじっていると余計に炎症がひどくなったり、 潰れてしまってニキビ跡が残ってしまうということもあるので、注意が必要です。

洗顔中もニキビにはなるべく触らず優しく接してあげる必要があります。

定期的な角質ケアでさらにお肌つるつる♪

ニキビのために毎日の洗顔と一緒に行いたいのが角質ケアです。角質ケアというの肌に溜まっている古い角質を取り除くこと。 角質が溜まっている毛穴を塞いでしまって毛穴が詰まりやすくなるのでニキビができやすくなるからです。

規則正しい生活をしていれば肌の新陳代謝が滞りなく行われますから角質ケアの必要はありません。しかし、ニキビができやすいという人は 規則正しい生活ができないからこそニキビができるともいえ、角質が溜まってしまう傾向にあります。

肌を触ってみてゴワつきやザラつきを感じたり、キメがないという場合は角質ケアを定期的に取り入れたほうがいいでしょう。 この角質ケアもケミカルピーリングをはじめ、酵素洗顔スクラブ洗顔という特殊な洗顔料を使う方法もあれば、レチノールという知る人ぞ知る成分を使って行う方法もあります。

肌の新陳代謝を維持することはニキビができにくいお肌に整えるうえで非常に重要ですから、しつこいニキビ、繰り返すニキビに悩まされている方、 ニキビができやすい体質の方は角質ケアも洗顔と同様に日々のスキンケアに取りいれるべきでしょうね。

「ニキビ洗顔&角質ケア【駆け込み寺】」のメニュー

ニキビ洗顔ノウハウ

泡洗顔

水洗顔

クレイ洗顔

炭酸水洗顔

ニキビ洗顔Q&A

洗顔中の摩擦に注意!

準備とアフターケア

洗顔のやり方Q&A【1】

洗顔のやり方Q&A【2】

週1回は角質ケアを

酵素洗顔

スクラブ洗顔

ケミカルピーリング

レチノール

ニキビ角質ケアQ&A

ニキビと肌の新陳代謝

ピーリングの効果関するQ&A

ココが疑問!ピーリングQ&A

Page top icon